安全で正しい給油を心がけよう

人件費を抑えたセルフ式スタンドは、広範囲で普及しているタイプの給油場所ですが、安全を確保する知識が必要です。
ガソリン式の場合は、揮発性の物質に対する引火性が特徴なので、静電気や可燃性の物を遠ざける行動が大切です。
静電気に関していえば、金属部に触れて体内の電気を放出可能ですし、未然に引火を防ぐ事が出来るので、毎回必ず守る必要があります。
スタンドで油断する行動の一つは、煙草に対するライターの存在で、短い空いた時間に問題が発生したり、事故に繋がるリスクが発生します。
ライターを使用する際は、燃料補給が完全に終わった後や、安全性が十分に確保された状況が求められます。
火の危険性を軽視するのは、重大な問題を招いたり、時には命に関わる責任へと発展します。
一人で燃料を入れる場合だけではなく、家族や同乗者と行動を共にする時も、安全の事を常に念頭に置く意識が大切です。
また、ガソリンをタンク以外に保管するなら、リスクを把握し意識する必要性がありますし、最悪を想定する慎重さが重要です。
最もリスクが少ないのは、ガソリンスタンドで燃料をタンクに補充する方式ですし、セルフタイプの利用を行えば、費用の面でもメリットが得られます。

Comments are closed.